モテる女性が持つ魅力-ギャップってあった方が良いの?-☆

モテる女性が持つ魅力-ギャップってあった方が良いの?-1

私の女友達、というかダンサーの友達なんですが
見た目はとてもクールな感じなのに、中身が全然
違って、よく笑うし、周りに染まり易い女性が居ます。

どちらかというと美人系で、パッと見の印象は
話しにくそうな感じなのに、実際に喋ってみると
笑いの敷居が驚くほど低くて、しょうもない事を
言ってもよく笑うので、一緒に居て楽しいのです。

後、見た目によらず、M気質なんですね。

男性目線で見ても、多分、大体の男は
好きだろうなーと、思ってしまうわけです。

で、その見た目とのギャップに関してですが
彼女は狙ってやっているわけではありません。


彼女のお母さんに会った事があるんですが
彼女と同じ見た目で同じ喋り方をするんです。

こりゃ完全にDNAやなと思いましたね(笑)

「ギャップのある人が好き!」

というのは、女性が好きな男性のタイプを挙げる時に
よく出てくる項目ですが、男性でもプラスのギャップが
好きな人は多いので、彼女は得をしていると思います。

モテる才能と言えば、そうかもしれません♪

モテる女性が持つ魅力-ギャップってあった方が良いの?-2

逆に、彼女と仲の良い友達で、ギャップが全く無いコが居ます。

彼女はとにかく明るく、一緒に居ると楽しい気持ちに
させてくれるタイプで、見た目にもそれが出ています。

ハッピーオーラ満載って言うのかな(笑)

ギャップが無いからモテないかと言えば、そんな事はありません。

彼女は完全な可愛いタイプで、とても話し掛け易いんですね。

なので、パーティー等に参加すると、男性が声を掛けるという
第一関門を突破し易いのは、恐らく、彼女の方だと思うんです。

彼女もそれが自然体なので、狙う事なく、自然にそうなります。

裏表の無い性格なので、付き合ってからも、信頼される事でしょう。

モテる女性が持つ魅力-ギャップってあった方が良いの?-3

2人に共通している事は、人生そのものが充実している事です。

やりたい事をやって、思いっきり楽しんで、生きています。

きっとそれが、本来の自分の良さを輝かせています。

在り方が大切なのは、以前も触れましたね。

素敵な男性と結ばれる''モテる女になる為の2つの方法''☆

ギャップのある女性がモテるのかというと、そういう事ではなくて
自分の良さを知っている、魅力のある人がモテるのだと思います。


勿論、ギャップがモテの要素の1つとなる事は
ありますが、狙ってやるモンでもないですしね(笑)

なので、自然なあなたが魅力的になるように
1日1々を大切に生きてほしいなって思います。

日本人は謙虚で、自分の悪い部分にばかり意識が向く
傾向があるので、良い部分も認めてあげて下さいね(^^)

その方が、幸せな毎日を過ごせますし、あなたに合った
素敵な異性に巡り会える可能性も、高くなると思いますよ!

「理想の未来を手に入れよう!!」

☆☆☆☆☆

東郷ユウヤのモテ女人生開幕塾

当スクールの詳細はこちら

東郷ユウヤのモテ女人生開幕塾

1ヶ月で-5kg!モテダイエット体験講習会 (保証あり)

1ヶ月で-5kg!モテダイエット通信講座 (保証あり)

モテ女人生開幕塾!!ミーティング兼お茶会のお知らせ☆

モテ女人生開幕塾!!電話体験講習会のお知らせ☆

無料レポート♪アラサ-女性の為のモテ女ダイエットシリーズ☆


☆☆☆☆☆

モテ女人生開幕塾☆
12月の人気記事ベスト10!


☆☆☆☆☆

ポチっと、応援、宜しくお願いします(^^)

 ↓↓↓


恋愛・結婚 ブログランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

東郷ユウヤ

Author:東郷ユウヤ
恋愛アドバイザー
モテ女人生開幕塾塾長

兵庫県出身、兵庫県在住

素朴な女性にはモテるが華やかで垢抜けた女性にはモテなかった私(泣)

そんな状況を打破する為に、ストリート・クラブ・パーティー・合コン等、好みの女性だけを相手に実践を繰り返し、数え切れない女性に断られ、振られ、痛みを乗り越えながら、自身の恋愛力を磨き上げてきた。

東郷ユウヤの提唱する恋愛論は生まれ付いた資質でモテるリア充には、決して、伝えられない破壊力がある(笑)

現在進行形で、実践中(笑)の恋愛スキルを基に男性目線で見た、女性の恋愛を、一般論ではなく、個々の性質・性格に合わせて、徹底的にサポート!

机上の空論では学ぶ事の出来ない、生々しい男女の真実をお伝えしながら、あなたが理想とする恋愛・結婚が叶うまで、本気で向き合う事を約束します(^^)

メルマガ登録・解除フォーム
ツイッター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク