Episode 8 恋愛格差-モテない男子の悲惨なバレンタインデー-☆

Episode 8 恋愛格差-モテない男子の悲惨なバレンタインデー-1

バレンタインデー。

はっきり言って、歴史を知れば、日本人には全く関係の無いものだ(笑)

村上マヨネーズに学ぶ バレンタインとモテガール☆
バレンタインデーにチョコレートを作ってみました☆


俺は今となっては、良い想い出も持っているけど
学生時代に良い想い出は、余り無いかもしれない。

モテというのは、皮肉なもので、全員が平等であれば良いのだが
男性であれ、女性であれ、先天的な資質で圧倒的な差が生まれる。

綺麗事を抜かす奴も多いが、実際の恋愛市場とは、そういうもの。

狙った男を確実に落とす悪魔の4ステップ-前編-☆
狙った男を確実に落とす悪魔の4ステップ-後編-☆


だから、才能の無い者は、自分で自分の価値を高めていく必要がある。

当時、小学生だった俺は、まだそこまでの気持ちを持つ事は出来なかった。

Episode 8 恋愛格差-モテない男子の悲惨なバレンタインデー-2

小学5年生のバレンタイン。

学校は、チョコレートを持ってくるのが禁止になっていたので
帰宅後、女子は好きな男子の家に行って、チョコレートを渡す。

勿論、本命も義理もある。

90年代は、友チョコなんて無かったから、女子は必ず男子に渡していた。

※ 女性の皆さん、友チョコなんてやめて、男性に渡しましょう(笑)

小学生の頃にモテている男子というのは、どういう奴だったのだろうか。

まずパッと出てくるのは、運動神経がいい、スポーツ万能の男子。

球技が出来たりとか、足が速かったりとか。(ちなみに、俺は両方、駄目w)

大人になると、高学歴は武器になるけど、子供の頃は
勉強が出来る男子とか、別にモテへんかったもんな(笑)

他には?

面白い奴かな。

クラス中の奴等を、どっかんどっかんと笑わせたりする奴。

これも大人になると、爆笑を狙う面白さよりも、クスッと笑えたり
一緒に居て、居心地が良いと感じる楽しさの方が、モテに繋がるが
こう考えると、子供の頃って、目立つ奴がモテていたのかな?と思う。

Episode 8 恋愛格差-モテない男子の悲惨なバレンタインデー-3

俺は、誰かに嫌がらせを受けたり、苛められたリした経験は無い。

※ どちらかというと、助ける側だったのだが、これは中学編にて。

それなりに友達も居て、楽しい学校生活を送っていたと思うんだ。

だけど、可もなく不可もなくといった感じだったのかもしれない。

女子から見て、特別な何かを感じさせるものを、持っていなかった。

多分ね。

Episode 8 恋愛格差-モテない男子の悲惨なバレンタインデー-4

でも、弟は、それを持っていたのだろう。

学校から帰ると、家のチャイムが鳴る。

ピンポーン。

「タケシ君(弟)、居ますか?」

弟が家のドアを開けると、そこには、弟のクラスの女子が居る。

タケシはクラスの女子と楽しそうに喋っている。

バレンタインのチョコレートを受け取っていたようだ。

暫くすると、またチャイムが鳴る。

ピンポーン。

また弟の客人だ。

バレンタインのチョコレートが1個、2個と増えていく。

中には、チョコレートを玄関に置いて、走って逃げるコも居た。

結局、その日は、計7個のチョコレートが、家に運ばれてきた。

勿論、全て、弟の分。

俺は、見事の0個(笑)

特別、モテたいとか思っていたわけでもないけど、何か泣けてきた。

俺はこの頃くらいから、学校でも、どんどん存在感の無い奴になっていった。

※ この物語はノンフィクションです。一切、盛りはありません(笑)
※ 言わなくても分かってくれていると思うけど、文中の名前は全て仮名ですw


【次回予告】

しょうもないバレンタインデーが過ぎ、いよいよ小学校最終学年へ進級。

この頃から、ローラースケートならぬ、ローラーブレードが大流行し始める。

近所の中学生も交えて、レースをしたり等、相当な盛り上がりを見せていたが
俺は全くやる気も興味も持てなくて、またもや弟だけが脚光を浴び始めるのだ。

☆☆☆☆☆

学長・東郷ユウヤの物語2

当スクールの詳細はこちら

東郷ユウヤのモテ女人生開幕塾

☆☆☆☆☆

モテ女人生開幕塾☆
1月の人気記事ベスト10!


☆☆☆☆☆

ポチっと、応援、宜しくお願いします(^^)

 ↓↓↓


恋愛・結婚 ブログランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

東郷ユウヤ

Author:東郷ユウヤ
恋愛アドバイザー
モテ女人生開幕塾塾長

兵庫県在住 35歳

素朴な女性にはモテるが華やかで垢抜けた女性にはモテなかった私(泣)

そんな状況を打破する為に、ストリート・クラブ・パーティー・合コン等、好みの女性だけを相手に実践を繰り返し、数え切れない女性に断られ、振られ、痛みを乗り越えながら、自身の恋愛力を磨き上げてきた。

東郷ユウヤの提唱する恋愛論は生まれ付いた資質でモテるリア充には、決して、伝えられない破壊力がある(笑)

現在進行形で、実践中(笑)の恋愛スキルを基に男性目線で見た、女性の恋愛を、一般論ではなく、個々の性質・性格に合わせて、徹底的にサポート!

机上の空論では学ぶ事の出来ない、生々しい男女の真実をお伝えしながら、あなたが理想とする恋愛・結婚が叶うまで、本気で向き合う事を約束します(^^)

メルマガ登録・解除フォーム
ツイッター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク